何のための勉強か

勉強は何のためにするのでしょうか?

いい成績をとるため。
いい学校へ入るため。
いい会社に入って、いい生活をするため。

どれも正解だと思います。
しかし、ブルカン塾はそれだけが勉強の目的ではないと信じています。

学生の時、優秀だった人が大人になって、必ず、いい生活ができているでしょうか。
大学を出た人の方が、高卒や中卒の人より必ず幸せになれているでしょうか。

子供の時は成績優秀であったのに、日々悩み苦しんでいる大人もいます。
反対に、小学生や中学生の時は勉強が 苦手だったのに、大人になって大活躍していたり、幸せになっている人も たくさんいます。
決して、子供のときの成績順に幸せになっているとは言えないのです。

それでは、勉強を通じて何を身につけることが大切なのでしょうか?
もちろん、勉強をするからには、多くの知識を身につけ、成績を着実にアップさせることが重要であることは言うに及びません。
でも、ブルカン塾は、もっと大事なことを知っています。

大事なことのひとつは、"頑張る気持ち"を持つことです。

どんな成績の子でも目標に向かって一歩一歩努力することが尊いのです。
この姿勢こそが「生きるパワー」につながるのです。

子供たちの"頑張る気持ち"を支えるためには、どんなに小さな努力も見つけて、評価してあげなければなりません。周りにいる大人として、当然、子供たちのどんな努力も見逃すわけにはいかないのです。
だからこそ、ブルカン塾では様々な場面で、つねに子供ひとりひとりの"頑張る気持ち"を応援しているのです。
 
結局のところ、勉強は何のためにするのか、実はその答えは他にもたくさんあります。
それぞれ重要な答えです。

  • 大人になって仕事を選ぶとき、選択の幅が広がる
  • 国語で身につけた表現力で、社交的な大人になれる
  • 算数・数学で身につけた論理力で、物事を筋道立てて考えられる大人になれる
  • 勉強を進めるうちに、それまで気付かなかった自分の得意・才能に出会える
  • 高校・大学と進学する中で、たくさんの人と出会える
  • 海外旅行のときに、英語が役に立つ
  • 勉強して成績が上がることで。親も喜び、家庭が円満になる など

遠い将来のため、目の前の目的のため、あるいは人生を左右する大きな事柄、今日や明日を幸せにする小さな事柄など、理由は様々にあります。
ブルカン塾では、日々何のために勉強するのかをしっかり子供たちと語り合いながら学習指導をしています。