フォローシステムの特徴

 

① 宿題は学年別コース別のルーティン表で徹底管理

毎月、ブルカン塾が“宿題シート”を発行します。その内容は宿題カレンダーと宿題チェック表で構成されています。 単元バランスを考えて作成された宿題メニューが 一日一日、科目ごとに細かく具体的に掲載しています。 これにより「新たな得点源確保のための宿題」 つまり日々の授業の復習としての宿題と、 「忘れないため・思い出すための宿題」 つまり過去の範囲の反復演習としての宿題を 両方バランスよくこなしていくことが可能になります。 新たな単元の学習ばかりに追われていては、成績アップは不可能です。ブルカン塾の“2つの宿題”こそ安定した得点力確保に効果があります。
 
《 資料画像 》

② 宿題は徹底添削&管理

ブルカン塾では宿題ノートの提出がルールです。講師が一問一問じっくり添削、だから雑な宿題の 取り組みは通用しません。塾生が真面目に取り組み、講師が真剣に添削…この宿題キャッチボールこそ ブルカン塾中学受験コースの強みです。交換日記方式の “宿題添削システム”で苦手意識解消、弱点克服、そして大きな自信になります。

《 資料画像 》

③ 頻繁な面談&電話相談

ブルカン塾は新年度スタート時・学期末その他定期面談にこだわらず、 電話・面談・明日のためにノートなどの方法で、 随時保護者の皆さんとの密なコミュニケーションを図っています。 「保護者の皆さんとブルカン塾の二人三脚で子どもの受験力を育てる」 これがブルカン塾の指導方針です。

《 資料画像 》

④ 受験勉強の意味を再確認

ブルカン塾では原則月1回の受験座談会を実施しています。○○○○ ○○ ○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○  ○○○○ ○○○○○
 
資料のサンプルはこちら

他塾からの入塾生たちの声

  • 宿題をノートで提出するなんて初めてでした。
    見落としてたミスに赤がついて返ってきて直さなきゃいけないところがよく分かりました。
  • 人に何か聞くのは苦手なんですが、質問カードを出せば 先生が教えてくれるのでうれしいです。
  • 真剣に授業を受けてる受験生の後ろで自習が出来るのは、 前の塾ではありませんでした。「先輩たちみたいに本気で勉強しなきゃ」 って気持ちで頑張ってます。